40代はメイクをすることで、品格や輝きを出してくれます

店長のサクラックより

20代のころは、自分を主張するためのメイクでした

若いころは、メイクといえば自分を主張するためのメイクをしていたような気がします。

良いといわれる化粧品や人気のコスメがあればすぐに使ってみたのもこのころです。どの化粧品も意外と合うんですよね。

そしてバリバリの30代には、少しでも大人っぽく、キャリアウーマンをアピールするようなメイクをし、知性と清潔感をテーマにしていました。

この時は、すごくこのテーマに沿った化粧品を選び、使っていました。

男性からも清潔感を持った女性は人気でした。清潔感を化粧品で出すことって意外と簡単なんですよ。

肌のくすみがなく、透き通ったような透明感があるコスメを使えばOK!

30代といえばまだまだ若く肌にツヤがあるので、化粧品でどうにでもなりました。

黒ずみは、少ないし、美白効果のあるローションや美容液を使えば、肌感がすごく変わり、ツヤと透明感がでます。

さて40代のメイクですが、どのようなメイクにすればいいのでしょう。

40代といえば、立派な大人です。やっぱり「品格」を重視したいですよね。

特に会社で部下がいる役職の女性は、「品格」がなければ部下からも信頼されません。

そうなると自分だけで満足できるメイクでは、ちょっと不十分ですね。つまり20代のころのメイクでは通用しないという事です。

相手に「さすが」といわせるようなメイクをしなくてはなりません。

なんだか変なプレッシャーが出てきますね。

40代にもなると、顔の肌のどこかに問題を抱えていてもおかしくない年齢です。それをどうカバーするのかというのも問題です。

それを他人に気づかれないようにカバーしなくてはなりません。

とても些細なことのなですが、薄くなったまゆ毛を丁寧に書き足すとか、輪郭がぼやけてきた唇をリップペンシルで締めるとかそういった些細なことが大事だと雑誌に書かれていました。

40代では、他人のためにお化粧をしなければならないようですが、結局は、メイクをすることで自分自身のプライドと品格を上げてくれて、自分を高めてくれるものなのです。

40代のメイクのポイントは、年齢により皮膚が下がってきますので、「中心」「上」がポイントです。

のっぺりと広がったメイクでは、引き締まりません。また下がったメイクでは、年齢以上に年を感じさせてしまいます。

この「中心}と「上」を意識したメイクが重要になってきます。

顔の筋肉を下げないためにも、口を大きく開けたり閉めたりして、口の周りの筋肉を鍛えることも効果があります。

40代にメイクは、とても難しい年齢だと思います。
攻めるのか、守るのかどっちつかずのお化粧になってしまいます。

今まで、お化粧でごまかす必要がなかった部分を、自然と隠してしまうのも、この年代です。

メイクは、欠点を隠すものではなく自分を「上げる」ものだと思うので、あまりメイクに依存しない方がいいですね

コメント

販売士が年代別にスキンケアを代えなければならない理由と対策教えます
販売士が年代別にスキンケアを代えなければならない理由と対策
販売士が年代別にスキンケアを代えなければならない理由と対策教えます
販売士が年代別にスキンケアを代えなければならない理由と対策
タイトルとURLをコピーしました