春のお肌のお手入れの注意点

クリーム

春のお手入れで、最も気を付けたいのが紫外線対策です。


多くの女性の紫外線対策は、春から夏にかけてではないでしょうか。

確かに、日差しが強くなってくるのは夏になってからです。

実は、そのころになって、ようやく紫外線対策をし始めても遅いのです。

春のうちから「焼けにくい肌」を作っておくことをおすすめします。

各化粧品会社は、春になると新商品を続々と投入していきます。

そんな春から夏にかけての化粧品は、べたべたとしない、さっぱりとした化粧品のラインナップです。

乾燥肌の人は、冬が終わりようやく乾燥肌ともお別れですね。でもそういう人こそ、冬の名残で、肌がざらついていたりするので、引き続きしっかりと保湿をすることを忘れてはなりません。

化粧水、美容液と肌になじませ、最後に蓋をするのは、乳液です。

乾燥肌の人は、最後に蓋をするのは、乳液ではなくクリームで蓋をする方が保湿が長持ちします。

特に目の周りのしわが気になりだしたら、朝晩のアイクリームを忘れることなく塗って下さい。

温かくなって、逆に肌がべたつくようであるならば、ホワイトニング洗顔やホワイトニング・ローションを使い始めてもいいと思います。

またビタミンCが入っている美容液なども効果的です。

保湿が十分に行われることで、「日焼けしにくい肌」づくりができます。

朝のケアは、暖かっくなったからと言って、よほどべたつかない限りは、保湿をしっかりと行ってください。

あまりにもべたつきがひどい時には、最後の「蓋」の部分をクリームから乳液に変えてもOKです。

紫外線対策は必須なので、SPF入りの下地を使う方がいいでしょう。その時やっぱりべたつきが気になる人は、乳液と半分半分で混ぜて使ったり、乳液入りのSPFを使うことをおすすめします。

夜のケアもしっかりと保湿と潤いが大切です。クレンジングの後には、基本的には、酢洗いでOKですが、スポーツをしたりたくさん動いて汗をかいた日には、ゼリータイプの洗顔料でさっぱりと洗い上げてもいいでしょう。
春先のニキビなどには、ビタミンA入りの美容液がおすすめです。

睡眠も大事なります。


春になると、朝起きた時に、よく眠れた朝は、肌にハリがあるけれども、よく眠れなかった時は、肌がカサカサになることもあります。

睡眠と美容は密接に関係があります。

「最近、気持ちよく眠れない」という方は、心身共にリラックスを心がけてください。

よく眠れない時は、サプリを飲んで寝るのも効果的です。

また寝る前に、温かい卵スープなどを飲んで寝るとリラックスできます。
玉城には、美肌作りに欠かせないアミノ酸が入っています。

もし朝起きて、顔がむくんでいた時は、トマトをおすすめします。
トマトに含まれるカリウムが含まれているので、体の余分な水分を排出してくれる作用があります。

コメント

バストを大きくしたいならバストアップサプリ【Bom2 Boron】~ボンボンボロン~
詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました